ご遺骨と証明書のご用意

【ご用意していただくもの】

①火葬されたご遺骨

②亡くなられた方の記載のある、市町村定型の埋葬・火葬許可証のコピー1部

③散骨をご依頼される方の身分証明のコピー1部

④海洋散骨申込み書

 

ご遺骨につきまして

火葬されご自宅に安置されたご遺骨は火葬・埋葬許可証、お墓から取り出されたご遺骨は遺骨引渡証明書をご用意ください。

墓じまいのご相談承ります

後継ぎがいない、ご高齢で独り身、菩提寺が遠くてななかな足を運べない、などの理由でご先祖様が建てたお墓をしまわなくてはならないことが出てきています。ご相談を承ります。



●ご自宅で安置

粉末状にしたご遺骨を愛らしい小さな骨壺に移し、ご自宅で安置される手元葬。現代的な方法だと思います。

●形見として

大切なご家族の想いをペンダントにして身に着けられるのも、良いでしょう。

●樹木に託す

移ろう自然に触れるよう、四季折々の変化を樹木に託す樹木葬。

●広い海原へ

海が好きだった故人には、富士山を眺める風光明媚な駿河湾に散骨させていただきます。



◎海への散骨

海の国道223(ふじさん)号線を航路とする、駿河湾フェリーが往来する太平洋側、雄大な富士山を眺める、駿河湾の真ん中に散骨させていただきます。

≪海へ散骨するために守っていること≫

●漁業に従事する皆様へ配慮しています。

●湾則法の順守、水路の保全。

「港湾または港の境界1万メートル(10㎞)以内にみだりにバラスト、廃油、石炭がら、ごみ等を捨ててはならない」という湾則法の決まりがあります。

1級小型船舶操縦士免許を持つ船長が、1万メートル≒約5.4海里以上離れた沖合まで行き、責任をもって散骨させていただきます。